「坊っちゃん」片手に松山市へ行きたい!

「坊っちゃん」片手に松山市へ行きたい!

坊っちゃん列車

道後温泉の路面電車には、SLを縮小した列車が走っています。この列車は小説「坊ちゃん」の中で「マッチ箱のような汽車」と書かれた伊予鉄道のSLを復元したグリーンに赤の配色が可愛いレトロな列車です。(動力はディーゼル機関)坊っちゃん列車は、夏目漱石の小説『坊っちゃん』の中で、軽便鉄道時代の伊予鉄道が「マッチ箱のような汽車」として登場していて、四国・松山の中学校に赴任する主人公の坊っちゃんがこれに乗ったことから、坊っちゃん列車と呼ばれるようになりました。そもそもは、非電化・軽便鉄道時代の伊予鉄道に在籍した蒸気機関車 (SL) および、そのSLが牽引していた列車のことです。

坊っちゃん列車の歴史

坊っちゃん列車は、1888年10月28日に伊予鉄道が松山(現在の松山市) - 三津間を762mm軌間で開業した際に、ドイツ・ミュンヘンのクラウス社製B形蒸気機関車(甲1形)2両で運行を開始しました。牽引される客貨車も鉄道開業に伴う資材調達全般を請け負った刺賀商会の手配でドイツから輸入されましたが、これらはあまりの小型さ故にそのまま木箱に詰めて納品されてきたという逸話が残ります。その後、路線開業で順次機関車・客貨車共に増備が進み、また1900年の南予鉄道と道後鉄道の合併もあって車両数は激増しました。

坊っちゃん列車の歴史(2)

1931年に高浜線の改軌・電化が実施されましたが、その際にも貨物列車牽引は蒸気機関車のままで残されたことなどから全線改軌となりました。客貨車を含めて順次改軌工事が実施されたが、機関車についてはこの時点では増備も廃車も特に行われないまま推移しました。ただし、この頃には道後鉄道編入車である甲3形の不調が目立つようになり、1940年頃にNo.8が状態不良で除籍され、残るNo.7も戦後早い時期に除籍されています。戦後は混乱期の車両不足から、八幡製鐵所構内専用鉄道より1910年コッペル社製のNo.156を1946年に譲受し2代目甲6形15としましたが、これは燃料の入手難等で郡中線が電化されたことで余剰となり、1952年に廃車されたため短期間の使用に終わりました。

坊っちゃん列車の休止期

坊っちゃん列車(休止期の機関車)は、1953年に同社が運営していた道後公園内にNo.1の実機が、762mm軌間仕様に戻し、先端に大きな火の粉止めを内蔵した輸入時の煙突のレプリカを取り付けて保存・展示され、さらにNo.3が愛媛大学工学部に教材用として寄贈されました。しかし、人の出入りが自由な道後公園内に展示されていたNo.1は、その展示期間中に心ない者の手によって機器類が次々に盗難・破壊されてしまいました。このため、1965年、伊予鉄道は自社が経営する有料遊園地である梅津寺パーク(現在の梅津寺公園)へNo.1を移設、愛媛大学に依頼して同型機であるNo.3の返却を受け、これの部品をNo.1へ移設して、先端にチムニーキャップのついた通常型煙突を取り付けた姿に復元の上で、改めて保存・展示することにしました。この際、部品を提供したNo.3の残存部品は廃棄されず、後にNo.1に移設した部品を採寸して製作したレプリカ部品を取り付けて、No.1のレプリカとして伊予鉄道本社前に展示されることになりました。1967年10月14日、梅津寺パークに保存のNo.1が鉄道記念物に指定されました。

坊っちゃんゆかりの地へ行こう

坊っちゃん列車のレプリカ

坊っちゃん列車の米山工業製レプリカ運行期についてまとめました!

1977年
松山市の機械メーカー・米山工業がレプリカの蒸気機関車を製作(ハ1形相当の2軸客車2両を含む)。 1988年5月 映画『ダウンタウン・ヒーローズ』撮影のために内子線旧線五十崎駅付近で運転。同年7月31日に映画の宣伝のため東京の越中島貨物駅で展示。
1989年
8月17日、「みなと鉄道まつり北九州100」記念で北九州市の門司港で運転。
1989年
10月8日、四国統一観光キャンペーン「しあわせランド四国」の一環として、旧内子駅付近で運転。
1994年
4月9日 道後温泉で運転(道後温泉本館百周年の記念行事の一環としてイベント運行。道後の愛媛県県民文化会館西の空き地(県有地)で、短区間の折り返し運行)。
2000年
5月3日-5日、宇和島駅構内で運転。
2001年
3月30日-4月1日、正岡子規生誕100周年記念イベントの一環として松山駅構内で運転。
2001年~
9月14日には北海道穂別町(現、むかわ町)主催のイベントにも貸し出され、旧国鉄富内線富内駅構内を走行した。現在、松山市内に保存されています。

復元運行開始後の坊っちゃん列車

復元運行開始後の坊っちゃん列車についてまとめました♪

2001年
10月12日、伊予鉄道がディーゼル機関によるレプリカを市内線松山市駅前 - 道後温泉間で運行を開始。
2001年
10月30日、南堀端駅付近で脱線。11月1日運行再開。
2001年
12月3日、大型客車ハ31形を増備。
2002年
8月8日、第2編成登場。古町 - 松山駅前 - 道後温泉間でも運行開始。料金を1000円から300円に値下げ。
2007年
7月25日、古町車庫構内で入替作業中に脱線。脱線した場所が高浜線と軌道線の交差地点付近だったため、両線の列車が2時間近く運休。原因は方向転換装置の格納表示に不具合があり、全部格納していない状態で格納済みと表示したため、転換装置が本来よりも下がった位置で運行され線路と接触。事故を受けて伊予鉄道は坊っちゃん列車を当面の間運休。
2007年
9月29日、上記の事故編成が整備を終えて運転再開に向けた試運転中、城南線の西堀端駅 - 南堀端駅間で再び脱線。
2007年
10月1日、1編成のみの運用で運行を再開。
2007年
12月28日、7月に脱線した編成が運行を再開。

現在の坊っちゃん列車

  • 伊予鉄道創業時のものを再現した制服を着用した機関士と車掌が乗務しています。
  • 客車の屋根には分岐点でポイント操作を行うトロリーコンタクターを作動させるため、ダミーのビューゲル(進路制御装置と呼んでいる)が取り付けられています。
  • 道後温泉駅の専用の引き込み線には2編成が夜間と、1日おきに時間調整のために留置されており、観光客がその前で記念写真を撮るなどされ、親しまれています。もう1編成は古町車庫に留置されています。
  • 電車よりも出力が弱く、県庁前 - 上一万の登り勾配がきついので、道後温泉駅行き定期電車の続行ダイヤとなっています。
  • 復活運行開始当時は乗車には記念グッズと市内電車1日乗車券込みの1,000円が必要でしかも1区間しか乗れなかったのですが、2002年8月から1回乗車のみなら300円、また全区間乗車も可となるなど実質値下げされ、利用しやすくなりました。
  • 2006年9月よりICカードでも坊っちゃん列車に乗車できるようになりました。
おすすめ小説

コンテンツ

夏目漱石の本

飯塚不動産株式会社は下総中山 賃貸を取り扱っております。物件探しの際はお気軽にご相談ください。お客様の嫌がるような営業はおこなっておりませんので、安心してご連絡ください。

おすすめ文学