「坊っちゃん」片手に松山市へ行きたい!

「坊っちゃん」片手に松山市へ行きたい!

坊っちゃんスタジアム

坊っちゃんスタジアムは松山中央公園内にある野球場、「松山中央公園野球場」のことです。愛媛県の高校野球メイン球場。四国最大級のスタジアムで観客席はなんと四階建て。松山中央公園内にはサブ球場としては全国トップクラスの『マドンナスタジアム』や大きな室内練習場やブルペンなどすごい野球施設はさすが野球王国愛媛ですね。公募により命名された愛称「坊っちゃんスタジアム」は、松山市を舞台にした夏目漱石の小説「坊っちゃん」に因んでいます。松山市内にはこの他にも「坊っちゃん」という愛称を冠するものが多数あるのはいうまでもありません。

坊っちゃんスタジアムの由来

夏目漱石の友人の正岡子規 (松山市出身)がベースボールを日本語で野球と称しました。正岡子規の本名、昇(のぼる)を引っ掛けて野球(の・ボール)。独立リーグの四国アイランドリーグ、愛媛マンダリンパイレーツの本拠地。坊っちゃんスタジアムという愛称は、夏目漱石の小説「坊ちゃん」にちなんでつけられました。松山中央公園内にはサブ野球場として「マドンナスタジアム」もあります。坊っちゃんスタジアムでは度々プロ野球公式戦も行われており、また、ヤクルトスワローズの秋季キャンプにも使われています。また四国・九州アイランドリーグの愛媛マンダリンパイレーツは坊っちゃんスタジアムを本拠地としています。アクセスはJR四国予讃線、市坪駅を出てすぐ。松山市駅からはバスが出ています。

坊っちゃんスタジアムが出来るまで

以前、松山市には松山城山公園内に松山市営球場がありました。1948年に市民の勤労奉仕(ボランティア)などを得て、盛り土スタンドで開場し、1967年に鉄筋コンクリートのスタンドが完成。社会人野球、高校野球など県下のアマチュア野球公式戦で使用された他、プロ野球の公式戦・オープン戦も開催されました。しかし1980年代以降は老朽化の著しさが問題となり、市は公園内のその他の施設とも併せ、フィールドの拡張やスタンドの改修などを検討したものの、球場のある城山公園は松山城を控える国の史跡であることが、改修工事を行う上での最大のネックとなりました。結局、現地での施設維持は極めて難しいと最終的に判断され、市は1993年3月、松山中央公園内に新市営球場をはじめとするスポーツ施設の建設計画を発表しました。そして2000年5月に、四国4県で唯一3万人規模の収容人員を有する野球場として完成したのが松山中央公園野球場です一般公募により、愛称「坊っちゃんスタジアム」となりました。

坊っちゃんスタジアムへのアクセス

  • 四国旅客鉄道(JR四国)予讃線・市坪駅(野球 ~の・ボール~ 駅)下車すぐ プロ野球等開催時は、臨時列車が運行される他、特急「宇和海」臨時停車あり
  • 伊予鉄道松山市駅から、伊予鉄道バス 「(51)坊っちゃんスタジアム・マドンナスタジアム」行で「坊っちゃんスタジアム」下車後徒歩約5分 松山市駅1番のりばから毎時35分発。マドンナスタジアムへは終点「マドンナスタジアム」下車すぐ(いずれも市駅から運賃250円)
  • 「32市坪・はなみずき循環」で「市坪」下車後徒歩約10分 松山市駅から40~60分間隔で運行。市坪まわり(市駅から市坪まで運賃250円)は1番のりば、はなみずきまわり(同300円)は7番のりばから発車
  • プロ野球等開催時は、松山市駅より臨時バス運行あり
  • 国道56号・松山環状線 和泉交差点より約5分
坊っちゃんゆかりの地へ行こう

マドンナスタジアム

2003年には、坊っちゃんスタジアム北側にほぼ同規格のフィールドを有するサブ野球場「マドンナスタジアム」が開場しました。供用開始以降、高校野球、社会人野球などアマチュア野球公式戦が行われています。また公式戦の一部は坊っちゃんスタジアムの他、マドンナスタジアムでも行われています。

松山市とプロ野球

松山市はスタジアム完成を前後してプロ野球の誘致を特に積極的に行っていて、毎年少なくとも1カード2試合の公式戦が行われています。また2002年7月13日にはサンヨーオールスターゲーム第2戦も開催され、これが四国地方4県では初のオールスターゲーム開催です。試合は4-2で全パの勝利、MVPは的山哲也(近鉄)が獲得しました。2004年からは東京ヤクルトスワローズの秋季キャンプが行われています。2度目のオールスターゲームを控えた2012年には、開場後初の大改修を実施しました。スコアボードのボールカウント表示を国際基準のBSO表示に変更したほか、ラバーフェンスの張り替えなど、グラウンドの整備も行いました。

エピソード

  • 2005年4月24日、ヤクルトスワローズの古田敦也が2000本安打を達成しました。大卒社会人としては史上初の2000本到達で、また四国の野球場での記録達成も史上初。同年秋には記念碑が建てられました。
  • 漫画『ドカベン スーパースターズ編』に登場する四国アイアンドッグスは、坊っちゃんスタジアムを本拠地球場としています。
  • 2010年に開設10周年を迎えました。これを記念して4月にはプロ野球セ・リーグ公式戦東京ヤクルトスワローズ対読売ジャイアンツ2連戦が行われ、8月には東京六大学野球オールスターゲームが行われました。
  • 2011年と2012年の東京ヤクルトスワローズ公式戦では、ともに2戦目の試合終了後に、グラウンド体験ツアーと称して観客にグラウンドを開放しました。

「野球」と坊っちゃんスタジアム

「野球」という言葉は、松山市出身で夏目漱石らとも交遊関係にあった俳聖・正岡子規が作ったといわれる俗説があります。これは、子規の幼名の「升」(のぼる)に引っ掛けて「野(の)球(ボール)」という雅号を用いていたことが元になっています。ただし、これは「ベースボール」の日本語訳として作られたものではないともいえます。というのも、「ベースボール」を、初めて「野球(やきゅう)」と日本語に訳したのは、中馬庚だからです。ただし、「打者」「走者」「四球」など、数多くの野球用語の日本語訳を子規が作り出したのは事実であり、実際に子規自身も野球らしきものを楽しんでいたといいます。こうした関係もあり、現在に至るまで松山市をはじめ愛媛県内は高校野球が特に盛んで、全国的に名を知られる強豪校も多く存在します。このような背景に因んで、坊っちゃんスタジアムの開場当初、正面入口横には愛媛県の野球史を紹介する展示コーナーなどを有する「まつやま野球ランド」が設けられました。そして、改修して展示内容を充実させることになり、2003年5月24日に野球歴史資料館「の・ボールミュージアム」に改称したのです。

おすすめ小説
日本で初めての重度障害者の中国語教室 新宿を中心に障害者雇用を専門 におこなう特例子会社を目指した!