「坊っちゃん」片手に松山市へ行きたい!

「坊っちゃん」片手に松山市へ行きたい!

松山市と俳人

松山市と俳人

文学の街・松山市。坊っちゃん団子、坊っちゃん列車、坊っちゃんスタジアム、坊っちゃん湯、坊っちゃん文学賞…松山には「坊っちゃん」名物がたくさんあります。もちろんこれは夏目漱石の小説「坊っちゃん」に由来します。また松山での正岡子規との出会いは夏目漱石にとって人生の転機であり、この出会いなくしては文豪・夏目漱石は誕生しなかったのでは…といわれています。そして松山市は、正岡子規をはじめ、著名な俳人を輩出し、ゆかりの深い俳人も数多く存在します。まさに松山が俳句の里とよばれる由縁といえます。その証とも言えるように、松山には400基以上に及ぶ文学碑が存在します。

正岡子規

慶応3年(1867)― 明治35年(1902)。松山に生まれ、松山に育った正岡子規。彼は15歳のとき東京に出て、その後、34歳 という短い命を終えるまで、近代文学の歴史に消えることのない輝かしい功績を刻み続けました。最後に帰松した年に書かれた随筆「養痾 雑記」の一編に「故郷」という文章があります。書き出しに「世に故郷程こひしきはあらじ。花にも月にも喜びにも悲みにも先づ思ひ出でられるるは故郷なり」とあり、故郷はどんな時も懐かしく、帰りたい、住んでみたいと 思っていると、その恋しい気持ちが切々と綴られています。子規は、明治35年9月19日、結核のため、34歳と11ヶ月あまりの生涯を閉じました。

種田山頭火

明治15年(1882)ー昭和15年(1940)放浪の俳人として知られる山頭火。九州路、四国路、山陽、山陰道を歩き続けた彼が、あてのない旅に出たのは43歳のときです。 そして、最後の居住地としてたどり着いたのが、松山でした。山頭火は道後の湯をこよなく愛しました。 一草庵から道後の湯は、わずか20分ということもあり、山頭火は足繁く通ったようです。 しかし、松山での暮らしも1年足らず。脳溢血で破天荒な57年の人生の幕を閉じました。

高浜虚子

明治7年(1874)ー昭和34年(1959)。正岡子規の高弟としてその遺志を受け継ぎ、日本俳壇の隆盛に大きく貢献した虚子は、松山藩士池内庄四郎政忠の六男(うち2人は早世)として松山市長町新町(現湊町)に明治7年に生まれました。8歳の時、祖母の実家高浜家を継ぎ、明治21年伊予尋常中学校に入学しました。1歳年上の碧梧桐と同級になり、 彼を介して子規を知り、明治24年子規から虚子の号を受けます。明治31年、松山で極堂が発行していた俳誌「ほとゝぎす」を東京に移転し「ホトトギス」を経営します。のちに碧梧桐の「新傾向」に反対し、「守旧派」として晩年まで句作を続けました。

河東碧梧桐

明治6年(1873)-昭和12年(1937)。松山市千舟町に松山藩士河東坤(号静渓)の五男として生まれました。本名秉(へい)五郎。明治20年、伊予尋常中学校に入学。同級生には高浜虚子がいました。明治22年帰省した子規からベースボールを教わります。そして、このことががきっかけとなり、碧梧桐は子規から俳句を学ぶことになります。明治38年頃から「新傾向」俳句をとなえ、全国遍歴の旅にでてその傾向をさらに強めます。その時の紀行文が「三千里」です。やがて、「守旧派」の虚子と対立するようになりました。

中村草田男

明治34年(1901)-昭和58年(1983)。本名清一郎。明治34年7月24日、清国(中国)福建省廈門(アモイ)の日本領事館で、父修(当時清国領事)の長男として生まれました。 3歳のとき母と郷里松山に帰ります。松山中学、松山高等学校を経て、大正14年に東大独文科に入学その後、水原秋桜子の勧めで「ホトトギス」に投句。また、草田男の主宰する月刊俳誌「万緑」の名は、新しい季語として定着しました。

坊っちゃんカラクリ時計

道後温泉駅前の放生園にある「坊っちゃんカラクリ時計」は、平成6年、道後温泉本館百周年を記念して作られました。午前8時から午後10時まで、1時間ごと(季節によっては30分ごと)に道後温泉らしい音楽とともにせり上がり、小説「坊っちゃん」の登場キャラクターがみなさまを歓迎します。お隣には、道後温泉の源泉を使った「足湯」もあり、人気のスポットになっています。

坊っちゃんゆかりの地へ行こう

松山市の観光

推定観光客数は588万以上、道後温泉地区宿泊客数は80万以上です。松山市の観光に関する問い合わせに対応するため、財団法人松山観光コンベンション協会が年中無休の電話窓口を設けています。3000年の歴史を有するといわれ、文献上、日本最古である道後温泉や日本で最後の完全な城郭建築とされる松山城(ミシュランの観光版(ギード・ベール)日本編ではそれぞれ二つ星に選定。)、四国八十八箇所の1つである石手寺(ミシュラン一つ星)など観光施設が豊富で、多くの観光客を集めています。また、しまなみ海道開通時には、しまなみブームと呼ばれるほど観光客が増加しました。

マドンナバス

松山の見どころを巡回する「マドンナバス」が、完全予約制で毎日運行されています。また、松山城や道後温泉本館などの入場券と一日乗り放題の市内電車や中心部のバス路線の乗車券がセットされた「松山城下めぐりきっぷ」が伊予鉄道から発売されています。県や市のスポーツ施設も多数あり、坊っちゃんスタジアムでプロ野球公式戦などが年に数回行われるほか、堀之内や愛媛県総合運動公園でa-nationなどの野外ライブが実施されたり、愛媛県武道館でディズニー・オン・アイスが公演したりします。

松山市の名産

松山あげという乾燥した油揚げがあり、保存食として利用されています。また、ウンシュウミカンの生産が盛んで、イヨカンの代表的な産地の一つでもあり、「紅まどんな」など付加価値の高い柑橘類の生産にも取り組んでいます。また、伊台や五明など高原地域ではニューピオーネなどのぶどう栽培も行われているます。特産品・伝統工芸として、姫だるま、竹細工(日本三大産地)、伊予絣(同)、油揚げ(松山揚げ)などが有名です。

まつやま農林水産物ブランド

  • 紅まどんな(柑橘類)
  • せとか(柑橘類)
  • ぼっちゃん島あわび
  • カラマンダリン(柑橘類)
  • 瀬戸内の銀鱗煮干
  • 松山長なす
  • 松山一寸そらまめ
  • 伊台・五明ニューピオーネ(高原ぶどう)
おすすめ小説

コンテンツ

夏目漱石の本

マンションとは、日本語ではアパートよりも大型の共同住宅(集合住宅)を表す一般名詞として使われています!はるひ野 賃貸でお探しのお住まいを!

おすすめ文学